埼玉県川口市 東川口駅徒歩2分|みどりの森整骨院 酸素カプセル・骨盤矯正。日曜日も診療。

みどりの整骨院

膝の痛み

■変形性膝関節症

膝の軟骨の変性や摩耗によって関節が変形してくるもので、女性に多くみられます。日本では多くの場合は内反変形といってO脚のような形に変形します。 最初のころは動き始めが痛かったり、階段を降りるときが痛いといった声が良く聞かれます。

■オスグッド・シュラッター病

オスグッド・シュラッター病とは、膝下の部分が痛くなる骨端症でスポーツをしている10代前半の男の子に多いのが特徴です。大腿四頭筋という太ももの筋肉は膝の部分で膝蓋腱、膝蓋靭帯となり脛骨粗面という膝下の部分に付着します。このくっついた部分が何度も引っ張られることで痛みが出てきます。

また、何度も引っ張られることで付着部の骨の部分が隆起してきます。成長が止まれば自然と症状も出なくなりますが、部活やスポーツをしていると痛みに悩まされることも多いです。アイシングやテーピング、専用の装具なども有効です。

放っておけない膝の痛みも川口市のみどりの森整骨院へご相談ください

膝の痛みには大きく分けて、加齢によるもの、スポーツによるもの、日常生活におけるケガ等によるものが代表的です。東川口にある当院では、症状に合わせて適切な治療を行いますのでお気軽にご来院ください。
加齢による膝の痛みの多くは変形性膝関節症によるもので、加齢に伴い軟骨などがすり減って慢性的な痛みがもたらされます。川口市のみどりの森整骨院で適切な治療を受けることで、再び元気に歩けるようになります。あきらめずに治療を行いましょう。
スポーツによる痛みはまだ骨が形成されきっていない10代のお子様がスポーツを頑張り過ぎたり、近年のマラソンブームにより膝に負担をかけることで起こります。東川口の当院ではしっかりケアを行い、楽しくスポーツができるようアドバイスも致します。
MENU
新着情報
2017年11月20日

事業主の方へ…

2017年07月13日

お盆休みのお知らせ

2017年04月20日

GWの診療のお知らせ

2017年01月13日

お年玉キャンペーン

2016年12月15日

年末年始のお知らせ❢

グリーンフォレストトップへ
copyright © みどりの森整骨院, all right reserved.